communication

    3

    1答えて

    やあみんな、私は、私は再びあなたの助けが必要だと思う:( 私はどこにでも見てきたが、私はまだ答えを見つけることができ、このソケット通信にこだわっている。 問題:それは私にエラーを与えるか、スクリプトを終了どちらかの前に、私は唯一のクライアントから1つのメッセージを送ることができ を、私は、サーバーに複数のメッセージを送信できるようにする必要があり サーバ側(図示。下記のとおりです): # Echo

    0

    1答えて

    こんにちは、stackoverflowコミュニティ、 Javaでのソケット通信に関する問題が発生しました。ここで は私のサーバーとクライアントクラスのサンプルコードです: サーバー: public class OTPServer { static ServerSocket serverSocket; final static int PORT = 4242; static Socket

    0

    2答えて

    JavaプログラムをC#と通信しようとしていますが、動作していません。 コードは本当に基本的なもの、ここにある: これは static InetAddress ip; static int port = 10000; public static void main(String args[]) { try { ip = InetAddress.getByName("12

    -1

    1答えて

    私は本質的に、2つのローカルコンピュータ(各コンピュータに1つずつ)で実行されている2つのPythonスクリプトを持っており、それぞれのジョブが実行されるときに通信して、他のスクリプト/ 具体的には、あるファイルが他のファイルにコピーされたときにそのファイルに対してコマンドを実行できるようにする必要があります。 私はネットワークについてほとんど何も知っていませんが、これをソケットに実装する正しい方

    3

    1答えて

    これは私の2番目の投稿です。アンドロイドクライアントとPC上で実行されるJavaサーバーアプリケーションの間のソケット通信TCP/IPでこのような大きな問題が発生します。 私がしようとするのは、クライアントアプリケーションからサーバーにボタンを押してから、クライアントアプリケーションに何度も回答を返すときに文字列を送信することです。この結果は、TextView私の顧客。 問題は、クライアントアプリ

    0

    1答えて

    誰でも私にSPI通信の動作原理を説明できますか?可能であれば、私はSPIを通信するためのサンプルコードとリンクしていますか? 私はADE7878(Energy Analyzer)であるSPI通信周辺デバイスを備えた "STM32f1xx"マイクロプロセッサを使用します。私は "STM32CubeMx"と "stm32f1xx_hal.h"ライブラリを使用しています。しかし、私は "stm32f1x

    1

    1答えて

    私は、マスタプロセスからスレーブへの配列に配置されたランダムな値を送る小さなプログラムを書きました。奴隷は少しの数式を数えており、その結果をマスターに返すべきです。今度は、マスターは結果を新しい結果配列に正しい順序で配置する必要があります。私はメッセージタグを使用しています。ここで はメソッドです: スレーブスレーブによってマスタから void Ccalculation::slaceRecv()

    1

    1答えて

    私はGUIベースのアプリケーションで作業しています。これはPythonを使って開発されています。私はPython(+ Kivy)を使ってUIを実装し、Windows OS上でミドルウェア/コアを実装しています。 私の問題文は次のとおりです。 1)私は、アプリケーションを起動するにはコアのexeファイルを実行すると、自分のアプリケーションを終了させるまでには、バックグラウンドでのままであるべきです。

    0

    1答えて

    私はLuaスクリプトを使ってシミュレーションを実装しました。 データ(x、y、z位置情報)をUnity3Dに送信します。 私はUDP通信を使用します。 Unity3D = C#、Luaは異なる言語です。 x、y、zデータをLuaからUnity3dに転送することは可能ですか?

    0

    1答えて

    アンドロイドサービスからユーザーと通信する手段はありますか? OAuthを使用して何かを受け入れる(SMS、連絡先、スプレッドシートを読むなど)必要がある場合は重要です。 ありがとうございます!